NYドライブ情報|タカハシ・インターナショナル NY 
ミッドタウン・マンハッタンをロングアイランド高速道路から撮る

NYドライブ情報 NY Drive Information

NY交通事情


運転手があらかじめ、GPS・ラジオなどで渋滞状況を確認します。最近は、御存知の通り  GOOGLE MAP  WASE が進んでいます。渋滞状況・迂回路・到着時刻等かなり正確に出ます。目的地もとてもスムーズに検索できます。ただ、ラジヲの道路状況も同時進行で聞く必要があるようです。今やドライバーの必需品になっています。スマホにこのアプリを入れて利用すると便利です。
マンハッタから郊外へのトリップ時間帯"9AM~3PM" (月曜~金曜日)は、渋滞が少なくベストタイムです。季節・事故渋滞により変動はあります。暖かくなると渋滞します。2月14日2016年から市内のバス走行車線・停留所でのリムジン・タクシー・一般車の停車・走行は罰金が強化されます。お気を付けください。市内バス全車にカメラが取り付けられました、

  • 午前中

    朝五時半頃から少しずつ出勤の交通渋滞が始まります。六時・七時頃は倍の時間が予想されます。就業開始の朝9時前には 事故が多発することもあり、運転手を焦らせないよう、余裕をもって出発しましょう。

    午後

    午後2時半~3時頃から、帰宅、帰社する車が走り始め、午後4時・5時は渋滞のピーク。 午後7時過ぎ頃まで続きます。飛行機に乗り遅れないために、この時間帯の空港送迎は余裕をもって 出発することがポイントです。

  • UN国連付近からクイーンズをイーストリバーを望む

  ニューヨークで一番大きな邸宅 Gold Coast Mansion Tour

リムジンの全面禁煙


ニューヨーク州・市が公共の場(レストラン、リムジン、タクシー、オフィス)などでの 禁煙を義務付けました。全車禁煙です。罰金は、許可した運転手と配車したリムジン・タクシー会社に罰金とポイント、お客様にも罰金が課せられます。ご理解ご協力の程、宜しくお願いいたします。ご存知の様に第三者喫煙の癌被害のため。(全米癌協会報告)

NY交通情報

    

ドライバー携帯電話禁止


特にタクシー・リムジン(ハイヤー)のプロフェッショナル運転手の車内運転中の携帯電話使用は厳禁です。一回目のチケットから点数と罰金、3度チケットを切られると運転免許証剥奪。仕事を失います。所定の場所に停止しエンジンを切って携帯電話使用は許可されています。運転手の皆様お気をつけて!

【LGA空港でのお迎えについて】

LGA空港は、2016年から5年間計画で全面改装を行っており、メインターミナルBでは、駐車場全面改装工事中です。5月4日2018からターミナルBの右方面の駐車場ビルがリムジン使用許可が出たため乗客が飛行機から降りたのち二階か一階荷物受け取り(ラッゲージピックアップエリア)場所で運転手がネームサインを持ってお待ちすることができる様になりました。 新しく出来たターミナルB右側のビル内で乗車することも可能ですがUBER・LYFT等のカーサービスが沢山待機していてとても込み合います。お勧めは、運転手がビルに車を停めてターミナルB内でお客様とお会いすることです。ターミナルから駐車場まで仮装の歩道を通って駐車場ビルに入り車まで歩きますが、初めての乗客の方には間違いがない様に思います。詳しくは、弊社オフィスにお問い合わせください。

【ニューヨーク市内制限速度】


ニューヨーク市内ファイブボロー(マンハッタン・クイーンズ・ブルックリン・ブロンクス・スタッテンアイランド)制限速度、25マイル(40キロ)になりました。ニューヨーク市内の移動は、渋滞も予想されスピードは出せません。事前に余裕を持ったスケジュールを組んで移動することをお勧めします。

【自転車専用道路・信号機】


                      

最近、ニューヨーク市内に車道の左手に自転車道ができて自転車専用信号機も設置され始めています。いままでの路上の車の幅が狭くなってきています。十分に注意して走りたいものです。自転車事故も頻発しているようです。

【運転者の心得 (プロとして)】


 

1.人命の尊さを知ること
 運転者は、人の命の尊さを知り、豊かな人間愛を持つことが大切である。そうすれば、ハンドルの切り方も、アクセルの踏み方もおのずからセーブされ、他人に対し思いやりのある運転ができるようになる。
2.交通ルールを守ること
 交通法令を遵守することが、安全運転の第一歩である。交通法規は人と車が安全に通行できるように定めたものであり、交通ルールを守らない運転者は運転の資格がない。
3.譲り合いの精神が大切  
道路は多数の人々が譲り合って使わなければならない公共の施設である。運転者は自分本位の考えを捨て、譲り合いの精神を持って道路を利用するように心がける。
4.責任感を持つこと
 運転者は法規を守って、安全運転をする義務があり、絶対に事故を起こさないという強い自覚と責任感を持たなければならない。
5.運転技術を過信しないこと
 運転技術の過信は、無理な運転・無謀運転になる。自分の運転技術を過信したことが、原因で大きな事故を起こした例が多い。
 経験の浅い人は慎重に運転をし、熟練者であっても気を緩めず謙虚な気持ちで運転すことが大切。
6.心身が良好な状態で運転すること  
運転者の心理状態や健康状態は、多分に交通事故と結びつきを持っている。「腹が立っていた」「いらいらしていた」「いざこざや心配事があった」「健康がすぐれなかった」「あせっていた」などの心理状態が間接的事故原因となることが多い。常に冷静、沈着、慎重にということが安全運転の要件である。
7.「だろう運転」はやめること
 事故を起こした運転者に聞くと、大部分の者が「歩行者が横断しないだろうと思った」と言い確信のない予想により運転している。



【リムジン運転者の健康証明 (プロとして)】

* ニューヨーク市タクシー&リムジン協会医療証明(健康診断)リムジン運転手必須  
  (ニューヨーク市タクシー&リムジン協会/管理)
* 全米陸運局 医療審査官証書 バス・バン・ストレッチリムジン運転手必須     
    (9人以上/ドライバー含む)常時携帯義務 全米
  (DOT MEDICAL CERTIFICATE with COMMMERCIAL DRIVER LICENSE)

事業用自動車の運転手の健康管理マニュアルー国土交通省(日本)


予約・問合せ / Reservations
TEL:1-516-767-7555

お問い合わせ

ご予約はこちら RESERVATION

 

ご利用できる車種一覧

1. メトロポリタン美術館

交通:地下鉄④⑤⑥線 86st駅から
徒歩10分
住所:1000 5th Ave.
TEL:(212)535-7710
開館時間:10:00~17:30
(金・土~21時)
休館日:月曜(祝日は開館)
料金:入館料は任意・お奨めは$25
URL: www.metmuseum.org

2. ニューヨーク近代美術館

交通:地下鉄E,M線 5Av/53 St駅
から徒歩3分
住所:11 W. 53rd St.
TEL:(212)708-9400
開館時間:10:30~17:30
(金~20時)
休館日:火曜
料金:$25(16歳未満は無料、
金曜16~20時は無料)
URL: www.moma.org

3. グッゲンハイム美術館

交通:地下鉄④⑤⑥線 86 St駅
から徒歩10分
住所:1071 5 th Ave.
TEL:(212)423-3500
開館時間:10:00~17:45
(土曜~19:45)
休館日:木曜
料金:$25(12歳未満は無料)
URL: www.guggenheim.com

4. アメリカ自然史博物館

交通:地下鉄B,C線
81 St-Museum of Natural History駅から徒歩5分
住所:Central Park W. 79th St.
TEL:(212)769-5100
開館時間:10:00~17:45
(土・日~17時)
スペース・ショー10:30~16:30
休館日:無休   料金:一般$22~
URL: www.amnh.org

その他 美術館 Ⅰ

ホイットニー美術館
URL: www.whitney.org
クロイスターズ
TEL: (212)923-3700
ノグチ美術館
URL: www.noguchi.org
フリック・コレクション
URL: www.frick.org
ノイエ・ギャラリー
URL: www.neuegalerie.org

その他 美術館 Ⅱ

ユダヤ博物館
URL: www.thejewishmuseum.org
クーパー・ヒューイット国立デザイン美術館
URL: www.cooperhewitt.org
国立アカデミー美術館
URL: www.nationalacademy.org
国立写真センター
URL: www.icp.org