ニューヨーク:リムジン、日本語でのご案内|タカハシ・インターナショナル
   
高橋悦司とSUV リンカン・ナビゲーター

ニューヨーク リムジン 日本語での案内 nyハイヤー limousine & Luxury SUV service Japanese speaking driver

ハイヤー・ご予約はこちら RESERVATION

電話受付: ☎ 🇺🇸 1-516-761-1649
  ニューヨーク時間の午前7時から午後10時まで 日本語対応

E-メイル:takiny@msn.com
一日たっても回答が無い場合 または、直接メールで配車依頼をされる場合は
お手数ですがちらのメールに送信ください。

大型 SUV GMC YUKON DENALI XL/GMC ユコン・デナリ・ロングバージョン 2023
お勧め車種 (大型 SUV 新車種 / GMC YUKON DENALI XL)

髙橋悦司
運転手紹介

予約のキャンセル(取り消し)について

サービス内容:

当社は、ニューヨーク市内・近郊でハイヤー・リムジンの配車サービスを提供しています。経験豊富な地元のプロフェッショナルドライバーと配車担当者が常駐しており、IR/ロードショー、会社訪問、出張、チャーター、プライベートでのご利用、空港送迎、お子様の学校送迎など、お客様のニーズに合わせた快適な移動をサポートしています。

特徴:

28年間にわたり、IR/ロードショーのスペシャリストとして活動しており、1,000社以上の上場企業の稼動実績があります。大手企業経営陣から確実な仕事をすると信頼をいただいています。
日本人/日本語対応の運転手も常駐しており、日本語でのサービスを提供しています。

ご利用実績:

IR(Investor Relations)ロードショー:IBM、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、JPモルガン・チェース、ゴールドマンサックス、シティーグループ証券、大和証券、野村証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー、SMBC日興証券、ドイツ証券、UBSなどの金融機関の大切なお客様、弁護士事務所、医療機関、政財界VIPなどがあります。
また、政府機関や団体としては、国連などが含まれます。

私たちは、経験と専門知識を活かしてお客様のニーズに合わせた移動サポートを提供しています。安心して移動をお楽しみください。ご相談はお気軽にどうぞ。  

    

  タカハシ インターナショナル 昨夜、ブルックリンブリッジ

 NY便利情報 NY Useful Information

公的機関

アメリカ合衆国大使館
03-3224-5000
外務省領事サービスセンター
(海外安全担当)
www.anzen.mofa.go.jp / 03-3580-3311
外務省パスポートAtoZ
www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport
出発前には海外安全ホームページたびレジをチェック
www.anzen.mofa.go.jp / 03-3580-3311

  ニューヨーク今の時刻

ニューヨーク時差 

ニューヨークと日本の時差:14時間

日本が14時間進んでいる。

サマータイム期間の時差:13時間

(※サマータイム:春から秋の約半年間 実施され、時計の針が1時間進められる。年によってサマータイム期間は異なる。)

サービス内容Services

お問い合わせ

ご予約はこちら RESERVATION

  • ビジネス
  • 出張
  • IR(ロードショー)投資家周り
  • 企業イベント
  • 空港送迎
  • 取引先お客様への配車
  • お客様との会食
  • 貴社の専用社用車としてのご利用
  • シャトルサービス
  • プライベート
  • 観光
  • ゴルフ送迎
  • スクール送迎
  • ショッピング
  • コンサート
  • 観劇
  • ワイナリーツアー
  • ウエディング・冠婚葬祭
  • 長期・短期 貸し切り/チャーター


2024年 干支 龍
令和6年 干支 龍 by Eddie Takahashi



時差ボケを防止・解消 ここに一参考例を紹介します。

時差ボケを防ぐための一例を紹介します。時差ボケを軽減するには、睡眠時間の調整が重要です。直行便なら時差が完全に生じますが、経由便の場合はフライト時間が分散します。

ニューヨーク行きの直行便の場合、朝出発で朝到着するケースもあります。到着後すぐに活動する予定なら、飛行機での睡眠が重要です。しかし、日本時間的には爆睡する時間帯になります。

逆に夜出発、夜到着の場合は、フライト中に眠っても、現地での睡眠が難しく疲労が残ることもあります。

対策例:

・ 旅行数日前から睡眠時間を調整する。
・ 飛行機に乗ったら現地時間に合わせる。
・ 飛行中のお酒やコーヒーは控える。
・ 睡眠薬は避け、メラトニンサプリメントは医療専門家に相談して使用する。

時差ボケはフライト中の行動に左右されるため、注意が必要です。最適な対策は個人によって異なるため、自分に合った対処法を見つけてください。快適なフライトをお過ごしください。

お迎え先でお会いしましょう。何かリクエストがあれば車内に用意しますのでお知らせください。